平成30年度 与那原中央病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 24 40 58 86 116 274 356 498 269
平成30年度の退院患者さんを年代別毎に分けた患者数です。
10人未満の項目は数字を省略して「‐」(ハイフン)で表示をしています。
当院は地域の基幹病院として、各診療科において幅広い年齢層の患者さんに医療を提供しています。
例年と同様に、平成30年度も年齢層が高くなるにつれ患者数も多くなっていき、80代の患者さんが一番多くなっています。
前年度の平成29年度と比較すると、60代以降の患者さんが多くなっています。
特に80代の患者さんが100人近く増えているのが、平成30年度の特徴です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 97 19.28 12.58 2.06 80.67
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 33 2.12 2.67 0.00 66.67
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置2等なし 副傷病なし 32 38.84 20.92 0.00 87.63
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 29 8.69 5.42 0.00 60.10
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 31.23 17.66 15.38 85.15
DPCと呼ばれる分類方法で表した、上位5つまでの疾患の患者数や入院期間などを各診療科別に表示しています。
内科では平成29年度と同様に尿路感染症で入院された患者さんが一番多く、平均年齢は80歳でした。
2番目に多かった疾患は大腸のポリープを内視鏡的に切除する症例で、平均で約2日間の入院治療期間を要します。
3番目は食事や唾液を飲み込む機能が弱くなり、その際に誤嚥をして肺炎を起こしてしまう疾患で、平均年齢87歳とやはり高齢者の方が入院しています。
4番目に多かった疾患はウイルスの腸炎で、5番目に多かった疾患は心臓の機能が悪くなってしまう心不全でした。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)手術なし 副傷病なし 18 46.06 19.61 16.67 82.56
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 14 13.93 12.51 0.00 77.79
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 13 8.69 4.96 0.00 71.85
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 9.42 7.30 0.00 61.42
080240xx97xxxx 多汗症 手術あり 11 2.09 3.04 0.00 36.36
外科の患者数上位5位までの疾患です。
平成30年度、外科で最も多かった疾患は胸椎や腰椎圧迫骨折での入院でした。当院では一般病棟の他に回復期リハビリ病棟を併設しており、急性期の治療を終え更なるリハビリ入院が必要になるため、全国の平均在院日数と比較して入院日数は長くなっています。
2番目に多かった疾患は、傷口などから菌が入り感染を起こす蜂窩織炎で約2週間の治療期間を要しています。
3番目に多かった疾患は鼠径ヘルニアの手術入院で、次に胆のう炎の手術入院、多汗症の手術入院となっています。
平成29年度は大腸がんに対する化学療法での入院が多かったですが、平成30年度は手術治療が必要な方の入院が多くなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)手術なし 副傷病なし 24 55.71 19.61 4.17 89.71
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 19 78.89 26.30 15.79 86.47
160800xx99xx0x 股関節・大腿近位の骨折 手術なし 副傷病なし 17 70.06 14.45 0.00 85.82
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄腫瘍を除く。)四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 13 6.15 5.59 0.00 51.00
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 13 15.38 5.68 0.00 67.00
整形外科の患者数上位5位までの疾患です。
最も多かった疾患は、転倒など何らかの原因で起こる胸椎や腰椎の圧迫骨折での入院でした。
2番目と3番目は同じ大腿骨の骨折での入院で、2番目は当院で手術を行う入院、3番目は手術をしない保存療法や他院で手術を終えてリハビリ目的で入院をされている症例です。
4番目は骨や筋肉などの軟部組織にできる腫瘍の切除での入院と、前腕の骨折を手術で固定する入院でした。
胸椎・腰椎骨折や大腿骨骨折が全国の平均在院日数と比較して長いのは、先程の外科と同様で急性期の治療後に退院後の生活ができるよう回復期リハビリ病棟でリハビリを行っているためだと考えられます。
肛門外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060241xx97xxxx 痔核 手術あり 66 5.52 5.78 0.00 53.03
060235xx97xxxx 痔瘻 手術あり 13 8.15 6.27 0.00 53.23
060230xx97xxxx 肛門周囲膿瘍 手術あり 12 3.00 8.51 0.00 43.92
060220xx97xxxx 直腸脱、肛門脱 手術あり 9.78
060260xx97xxxx 肛門狭窄、肛門裂溝 手術あり 7.76
肛門科で1番多かった入院は、痔核の手術治療での入院でした。
2番目に多かったのは、直腸の下部と肛門の皮膚がトンネル(廔管)で繋がって膿が出る痔瘻と呼ばれる疾患での入院でした。
3番目は肛門周囲膿瘍の手術治療での入院で、次に直腸や肛門が脱出した時に行う手術治療での入院、肛門狭窄や裂肛(切れ痔)の手術入院の順となっています。
肛門周囲膿瘍と肛門狭窄・裂肛の疾患は10件未満のため「‐」(ハイフン)で表示をしています。
平成29年度と比較して、上位5疾患は順番に変動はありますが同じ疾患構成となっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 77 3.48 2.84 0.00 77.51
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり両眼 5.39
眼科で入院した疾患を表示しています。
眼科で最も多かった疾患は白内障の手術を片眼のみに行う入院でした。平均で約3日間の入院期間となっています。
平成30年度は片眼だけでなく、1入院期間で両眼の手術入院も行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7
大腸癌 12 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌と呼ばれる代表的な癌の初発や再発の患者数です。
10件未満の症例は全て「‐」(ハイフン)で表示しています。
ここでいう初発とは、当該腫瘍の診断、診断と初回治療、あるいは初回治療を実施している場合を指し、がんに対する化学療法を何回かの入院に分けて行ったような場合でも、新たに転移などがなければ初発の数に含めているので、同じ患者さんが重複して初発に数えられています。
胃癌は手術療法で直接癌を取り除いたり、ステージが進行している胃癌に対しては化学療法を行いました。
大腸癌は例年同様、5大癌の中で最も多い疾患となっています。癌の進行具合が様々な患者さんが入院しており、大腸癌は処置治療で手術療法を選択することが多く、早期の場合は腹腔鏡を用いての手術も行っています。またステージが進行している場合は、手術後に化学療法を行っています。
また、再発の状態で入院された患者さんも5大癌の中では一番多くなっています。
乳癌での入院は平成30年度は比較的初期の段階で発見され手術治療を行っている症例でした。
肺癌に関しては、進行した状態での入院で緩和ケアを行いました。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 38 8.92 56.53
中等症 65 16.29 82.23
重症
超重症
不明
成人市中肺炎の重症度についてご説明します。
市中肺炎は、普段の生活の中で起こる肺炎の事です。
肺炎の重症度にはA-DROP分類と呼ばれるものを用いています。AーDROP分類は、年齢・脱水・SpO2・意識障害・収縮期血圧の5項目のうち、1つでも該当する項目がなければ軽症、1~2つ該当する項目があれば中等症、3項目だと重症、4項目以上は超重症と分類します。
当院では平成29年度と同じく軽症から中等症の患者さんがほとんどでした。
平成29年度と比較すると軽症の方がやや増加し、軽症の平均年齢がやや低くなっているのと平均在院日数もやや短くなっているのが平成30年度の特徴といえます。
軽症よりも中等症の方が平均年齢が高く、症状が重いので治療にかかる期間はやはり軽症よりも長くなっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 19 69.74 73.47 6.25
その他 13 92.31 76.92 3.13
脳梗塞の入院患者数です。脳梗塞を発症してから3日以内に入院した数と、発症日から4日以上で分けています。
3日以内に発症された方が29年度は14件でしたが、平成30年度は19件と増加しています。
また、平均年齢は3日以内の発症が平成29年度は81.14歳で平成30年度は73.47歳でした。
発症して4日以上の平均年齢は平成29年度は80.0歳で平成30年度は76.92歳と、共に平均年齢が低くなっています。
発症から4日以上の症例は全て他の病院からリハビリ目的で転院している症例で、退院後の日常生活が送れるようになるまでリハビリを行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 33 2.12 5.00 3.03 70.09
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 11 51.82 123.00 18.18 84.91
K610-3 内シャント又は外シャント設置術
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm以上)
K654 内視鏡的消化管止血術
内科の主要手術別の患者数などを表示しています。
1番から4番目に多かった手術名は平成29年度と同じ順番となっています。
例年と同じく内科で最も多い手術は内視鏡での大腸ポリープの切除術でした。ポリープの大きさが2cm未満の手術が1番目にあるもので、4番目にあるものは大きさが2cm以上の手術件数です。
2番目に多かったのは、経口摂取が不十分だったり誤嚥のために肺炎を繰り返す方等に対して、必要な栄養を補給するために主に内視鏡を用いて胃瘻を作成する、胃瘻造設術です。胃瘻造設術を行う方は高齢の方が多く、当院には療養病棟もあり長期入院される方が多いことから、術前日数・術後日数共に長くなっています。
3番目は腎不全で透析導入が必要な方に行うシャントの設置術で、5番目に多かったのは胃潰瘍の出血など、胃腸の出血を止めるために内視鏡で行う消化管止血術でした。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 19 3.21 15.53 5.26 68.68
K6335 鼠径ヘルニア手術 14 1.36 6.71 0.00 73.43
K196-2 胸腔鏡下交感神経切除術(両側) 11 0.00 1.09 0.00 36.36
K610-3 内シャント又は外シャント設置術
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)
外科で昨年度最も多かった手術は胆石症や胆のう炎などを治療するために、腹腔鏡を用いて胆のうを切除する手術でした。
2番目に多かった手術は鼠径ヘルニア、いわゆる脱腸と呼ばれる疾患の手術でした。
3番目に多かった手術は、多汗症を治療するために行う手術で、この手術は大体1泊2日の入院で行われます。
4番目に多かったのは内科の手術にあるのと同様にシャントの設置術で、5番目は大腸にできた癌を切除する結腸切除術でした。
先の外科の診断群分類別患者数でも触れましたが、手術治療を要する疾患での入院が多くなっていたので、上位にある手術件数も平成29年度と比較すると増加傾向にありました。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 19 8.42 79.95 15.79 83.95
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 14 1.36 17.86 0.00 61.86
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹) 13 0.92 4.23 0.00 57.46
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 10 5.60 71.50 20.00 85.20
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術(簡単)
整形外科で昨年度最も多く行われた手術は、手術コード(Kコード)K0461の骨折観血的手術でした。このコードには肩・上腕骨・大腿骨の骨折の手術が含まれますが、当院では主に大腿骨の骨折の手術件数が多くなっています。
2番目に多かったのは、前腕や下腿・手の舟状骨の骨折に行われる骨折観血的手術でした。
3番目に多かったのは、皮下組織や筋肉などにできる腫瘍を切除する軟部腫瘍摘出術で、他の手術の平均年齢と比較すると比較的若い方に行われるのが特徴となっています。
4番目は1番目と同じく大腿骨の骨折に対する治療ですが、この手術は骨折した大腿骨頚部から骨頭までを切除して、そこに代わりとなる人工物を挿入する手術です。1番目の手術と同様に大腿骨骨折は高齢者に多いのが特徴で、日常生活が送れるようになるまでリハビリを行い、更に治療が必要な方は転院をしています。
5番目に多い手術は、断裂した肩の腱板を修復する手術でした。
肛門外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術) 51 0.29 6.71 0.00 52.75
K7432 痔核手術(脱肛を含む)(硬化療法(四段階注射法)) 16 0.00 1.88 0.00 54.94
K7435 痔核手術(脱肛を含む。)(根治手術(硬化療法(四段階注射法によるもの)を伴うもの)) 13 0.00 5.23 0.00 57.54
K745 肛門周囲膿瘍切開術 12 0.00 2.00 0.00 43.92
K7461 痔瘻根治手術(単純)
肛門科で行われた手術件数の上位5つです。
例年同様、昨年度も痔核に対する手術が最も多く1番から3番目までの手術が痔核の手術となっています。
1番目は痔核を結紮切除する手術で、2番目はジオン硬化療法と呼ばれる手術、3番目は切除とジオン硬化療法を同時に行っている手術です。
4番目に多かった手術は、肛門の周囲に何らかの原因でできた膿瘍(ウミ)を切開して膿を排出する手術で、5番目は痔瘻を切除・切開して治療を行う手術でした。
肛門科では基本的に入院当日に手術を行い、疾患や手術方法により約2日~1週間の治療期間を要します。
他の診療科と比較して平均年齢が若いのも、肛門科疾患の特徴といえます。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 78 0.04 2.46 0.00 77.63
昨年度の眼科の手術件数です。
平成29年度の手術件数は22件でしたが、昨年度は78件と手術件数が増加しています。
白内障の手術も肛門科と同様、入院当日に手術を行い、当院では平均して約2日~3日の入院期間となっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
DIC(播種性血管内凝固)や敗血症・術後の合併症の症例数と発生率です。
10件未満ですので、全て「‐」(ハイフン)で表示しています。
どれも治療後に起こる重篤な疾患で、治療を行う上で起こり得る避けられないものではありますが、平成29年度と比較すると症例数・発生率ともに減少しています。
当院ではこれからも合併症がなるべく起きないよう、取り組んでいきます。
更新履歴
2019/9/24
平成30年度 病院指標の公開